Q&A

応募資格について

すでに会社員として勤務していますが、応募できますか?
この定期採用情報サイト「募集要項」にある応募資格に該当すれば、応募できます。
上部のエントリーボタン、またはマイナビ2018からエントリーしてください。
2018年3月に短大を卒業する見込ですが、応募資格に問題はありますか?
何らかの条件を設けなければ応募が殺到し、円滑な採用活動ができなくなるおそれがあるため、
これまでも「四年制大学卒業または卒業見込」を条件に、多くの方の受験をお断りしてきました。
2018年の定期採用も同じ条件です。
出版社を志望するのに、「本が大好き」という理由だけではダメですか?
出版社の社員の多くは「本が大好き」です。本を作る仕事なのだから、ごく自然なことですが、
ただ好きなだけでは仕事になりません。その点をお考えのうえ、ご判断ください。

採用選考について

大学の成績は採用に影響しますか?
成績はあくまでも選考の1つの判断要素です。筆記試験や面接など選考の結果から総合的に判断します。
ただ、入社時までに大学を卒業できない場合は、資格を満たしていないことになりますので、ご注意ください。
浪人や留年の経験は合否に関係ありますか?
浪人経験や在学中の留年経験自体が直接選考に影響することはありません。
筆記試験や面接など選考の結果から総合的に判断します。
ただ面接では、浪人や留年について質問が及ぶこともあると思います。
資格の有無は採用に有利になりますか?
特に受験に際し必要な資格はありません。
筆記試験や面接など選考の結果から総合的に判断します。

採用日程について

入社志望書を入手するのに、事前登録などは必要ですか?
必要です。この定期採用情報ページ、またはマイナビ2018からエントリーをしてください。
採用前のセミナー等は行っていますか?
志望企業のことをよりよく知るための貴重な機会であると認識していますが、セミナー・説明会・インターンシップ・
職場見学等は行なっておりません。小社採用ホームページなどをお調べのうえ、ご研究ください。
海外留学中で、発表されている試験日程には帰国できそうにありません。
別の日に受験することはできますか?
「採用プロセス」でお知らせしている日程でのみ選考を実施します。
理由の如何にかかわらず別途、筆記試験日や面接日を設けることはできません。

入社後の待遇・福利厚生について

出版社の仕事は深夜になることが多く、体力がいると聞きます。やはり残業は多いですか?
かなり不規則で残業になることも多く、体力のいる仕事です。
ただ前日遅くまで残業した場合には、始業時間より遅れて勤務につくことが認められています。
遅れた分は残業時間と相殺されます。採用サイトでは社員の働きぶりを紹介していますので、参考にしてください。
採用された場合、自分の志望する編集部で働くことはできますか?
入社後の配属については、各部署の新入社員の必要性、採用試験や入社前後の研修などを通して見えた適性、
そして本人の希望などから決定します。ただ「本人の希望」は配属決定の一つの要因であり、最優先されるわけではありません。
『ヤングアニマル』など男性コミック誌に、女性が配属されることはありますか?
男性コミック誌編集の職場は、男性の比率が高いことは事実です。性別より、本人の適性などから総合的に判断します。

その他

採用されている人たちの主な出身大学・学部・学科を教えてください。
社員の出身大学・学部・学科はさまざまです。理系学部出身者が少ないことは事実ですが、
それは単純に受験者が少ないからだと思われます。出身大学や専攻ではなく、面接で伝わる本人の仕事への適正を拝見して選考を進めています。
OB・OG訪問はできますか?
OB・OG訪問は志望企業のことをよりよく知るための有効な手段であると認識していますが、社員の紹介などは
行なっていません。大学の就職課や、ゼミやサークルの先生・先輩などを通して、ご自身でお調べのうえ、ご判断ください。