白泉社で働くということ 私のキャリアパス

山あり谷あり!? 雑誌編集長の入社からこれまで、怒涛のステップアップ年表。

花とゆめ編集長 2000年入社 鈴木浩介

私の「タイ!」「世界中から愛されたい」

個人的に愛されたいという訳ではなく(笑)、読んだ人にとってずっと心に残るような、かけがえのない存在として愛される作品、キャラクターを届けたい。それも一人でも多くの人に! その究極が「世界中から愛されたい」です。

2000.Apr

 花とゆめ編集部で「分かっていない」と言われ続ける

入社して花とゆめ編集部に配属されたんですが、2年目位まで、どの先輩からも毎日一回は「お前は分かっていない」と言われ続けていました。ネームや企画を出す度に「分かっていない」と言われる。提案した作品が通らない。結局独りよがりで読者のことを考えられていなかったんです。それに気づいてからはアンケートを分析し、先輩の経験をしつこく聞き、少女まんがやファッション誌を読みまくり、女の子がいまどんなことに興味があるのか徹底的に勉強しました。そのときダメ出しされ続けたことが、いまの自分の血肉となりましたね。この時期に沢山叱られて、悔しくて色々な人に話を聞きに行った、その経験があって良かったと思っています。

2002.Jan

 仲村佳樹先生の「スキップ・ビート!」で初の連載立ち上げを経験

初めて担当させて頂いた人気作家の仲村佳樹先生と、新連載を立ち上げることになりました。毎日のように何時間も、作家さんと作品の構想を話し合い、先輩に意見を聞き、それを作家さんにフィードバックする。作品は芸能界がテーマ。新米編集者である僕が、既に連載を何本か終えている経験豊富な先生に意見を聞いてもらうには、専門知識がなければと思い、芸能界や過去の芸能界を扱った作品について勉強しまくりました。番組観覧に応募して撮影現場の様子を取材したり。「スキップ・ビート!」は、1話1話をどう面白くしようかと、毎日作家さんと意見を戦わせた作品なので、読者の反応があったときは興奮しましたね。その後のアニメ化や台湾でのテレビドラマ化など、作品が読者に広がっていく楽しさを教えてもらい、今現在も連載が続くヒット作になっている、自分にとってとても大きな存在の作品です。

2005.Oct

ゼロから一緒に作り上げた西形まい先生の「ヴィーナス綺想曲」

初めてデビューから担当した作家さんと起こした新連載は、西形まい先生による「ヴィーナス綺想曲」でした。白泉社アテナ新人大賞受賞作やその後掲載したいくつかの読切作品でも、読者から高い評価を得ていた西形先生の色っぽい絵柄や個性を、より多くの読者に受け入れてもらうにはどうしたら良いか、とことん一緒に考えて、立ち上げた作品です。コミックスが発売されたとき、読者の反応がすごく良くて、もう単純に嬉しかったですね。書店に並んでいるコミックスを見に行って、つい何冊も買ってしまい友達にプレゼントしたりしました(笑)。

2007

花とゆめの個性を表現する付録企画

各雑誌が付録に注力していた時代、僕も数年間付録担当として企画に関わりました。女性編集が「いま流行している」と言うので、それまで避けがちだったファッションアイテムのコンコルドピンを作ったことも。おしゃれな作風で人気な日高万里先生のプロデュースであることを押し出し、当時、先生が描かれていた「V・B・ローズ(ベルベット・ブルー・ローズ)の主人公が好きな蝶のモチーフを入れ込んで作成し、読者から好評を得ました。女の子が好きそうなグッズショップで人気商品を聞き込んだことも(笑)。ふだん雑誌を買わない人が付録をきっかけに手に取ったとアンケートで言ってもらえた時はすごく嬉しかったし、実際に売り上げの数字に影響があったこともありました。付録企画はスケジュール管理やアイデア出しなど、とにかく大変だったけど面白かったですね。

2007.Jul
2011.Jul
2007.Jul
2011.Jul

「花ざかりの君たちへ」ドラマ化

中条比紗也先生の「花ざかりの君たちへ」は、1996年から2004年まで連載していた人気作品です。連載終了後に担当となり、2007年と2011年の2回のドラマ化では、作家さんとテレビ局の間に入って調整作業を行いつつ、このチャンスにどうやって原作まんがをより多くの人に手に取ってもらうかを考え、雑誌での記事展開や番外編の掲載につなげました。2作目のドラマ化の際には、「公式コンプリートガイド」本の編集を担当。撮影現場に入って出演者一人ひとりに取材して、まんがとドラマの双方の魅力をフルに伝える本作りの経験ができたことは刺激的でした。ドラマをきっかけに新たな中高生読者がファンとなって広がっていく波及効果を間近で見た貴重な体験でした。

2008.Feb

花とゆめ編集部 主任に

2013.Feb

花とゆめ編集部 副編集長に

2014.Jun〜2015.Aug
2014.Jun
2015.Aug

今までの経験を生かした「高嶺と花」「贄姫と獣の王」

2014年の師走ゆき先生の「高嶺と花」、2015年の友藤結先生の「贄姫と獣の王」は、副編集長になった頃に立ち上げた作品です。「高嶺と花」は王道ラブコメディー、「贄姫と獣の王」は主人公の一人からして人間ではないという異種ロマンファンタジー。まったく切り口は違うけど、自分のこれまでの編集者としての経験をフルに生かして出来たものです。作家さんがどんな個性を持っているのか、それがどうしたら幅広い読者に受け入れられるのかについて突き詰めて考えました。作家さんの個性を生かして読者が喜ぶ作品を作るという同じ目的を目指しても、出来上がってきた形はまったく違ってくる。でも、それこそが編集の醍醐味だなって思います。
少女まんがの編集として、作家さんには「女の子以上に女子力高い」と言われることもあるんですが、それは新入社員時代にダメ出しされ続けて、もともと自分にないからこそ、意識的に読者がどう楽しんでくれるかを考え抜いたおかげだと思います。まんが編集者って自分1人では何もできないんです。
一緒に組む作家さんや他社さんと沢山話して作った結果、読者が喜んでくれたのを嬉しいと思えるか。正直なところ、自分の個人的な好みとは違う作品が、人気が出ることもあります。そんな時でも、作品が読者に喜ばれて受け入れられたことを自分の喜びに出来れば、楽しみながら仕事が出来るかなと思っています。

2016.Jul

編集長として新しい試みにも積極的に

編集長になっても作品作りの根本は変わりません。一方で社内に新設されたキャラクタープロデュース部や他社とコラボレーションして、新しい試みも始めています。今度タカラトミーさんと始める「ねこ男子 ニャンキーハイスクール」もその一環で、まんが、アプリ、SNS等で多面展開していく予定です。白泉社が持っているコンテンツ力を生かし、雑誌だけではなくより大きな仕掛けで新しいことにチャレンジしていきたいです。