審査員の先生方からの総評は、投稿してくださった方、そしてこれから投稿しようとしている方に役立つヒントが満載です。ぜひ、参考にしてステップアップを目指しましょう!!
樹なつみ
全体的に良くまとまっているが、ハジケ感が足りないという作品が多かったように思います。レベルで言うと、横一線で大きな差は無かったんじゃないでしょうか。何より最終に残った本数が少ないのに驚きました。会社の方針なのか最終に値する作品が少なかったのかわかりませんが、後者なら投稿者は今がチャンスでしょうね。
清水玲子
「シンデレラ〜」は、少女漫画の括りにするには大人びたテーマでしたが、力のある方だと思います。「トラベル〜」も、凝った設定を荒削りながらもうまくまとめ上げる力量を評価しました。賞の序列に関係なく、雑誌に載ってしまえば皆同じスタートライン。「お金を払ってでもこの人の漫画を読みたい」と思える漫画を目指してください。

高屋奈月
今回も様々なモチーフ、テーマ、作風であり、みなさん「漫画」としての完成度が高く、大変楽しく読ませていただきました。今後はどれだけ独自の持ち味を持つか、それをどこまで取り入れる事ができるか、たくさんたくさん描いていく中で形にできますよう、がんばってください!
津田雅美
今回どれも相当個性的で面白かったです。でももう一歩、抜け出る力を持った作品はなかったかも。あと全体を通して、個性的なものばかり読んでると一本くらい王道の華やかな少女まんがらしい作品が読みたいと思ったり。やはり少女まんがに華って大事なんだ! と私も勉強してしまいました。華やかさを忘れずに! いきましょう!

葉鳥ビスコ
今回は、手堅いストーリー作りと確かな画力、一方で「漫画」的な見せ方にまだ慣れていないのかな?と思える作品が多く、言い換えれば「化ける」要素を充分備えた方々が揃ったように思います。ちょっとした画面処理の改善ひとつで何段階も上がる方ばかりだと感じ、とても興味深く、刺激を沢山頂きました。期待しています!
日渡早紀
今回はそれぞれ設定やキャラ立てなど、工夫が見られる作品が集まったのかなと思いました。私が印象深く感じた作品は、『あいまい〜』『懲役〜』『シンデレラは〜』の3作品です。ただ、演出力量という面に於いて『あいまい〜』の千歳さんは頭ひとつ飛び出ていました。皆さん面白うございました。頑張って下さい!

羅川真里茂
全体的に地味な印象でした。ただ、作風が偏る事なく裾野の拡がりを感じました。年々投稿者さんの背景がおざなりになっていっているのが気になるところです。上位の千歳さん、睡さん、咲宮さんは納得の受賞です。特に咲宮さんを推していたのですけど。皆さんお疲れ様でした。壁にぶつかることがあると思いますが頑張ってください。
 
★五十音順・敬称略 

編集部より
今回のアテナ大賞は残念ながら、新人大賞は出ませんでしたが、賞を取った作品はどれも読み応えがあり、楽しい選考となりました。特に優秀新人賞を取った「あいまいギャロップ」を描いた千歳四季さんは、絵に不思議なエロティックな魅力があり、これからの活躍が楽しみです。その他の方たちも、各誌において明るい未来を感じさせる可能性を、十分に備えていると思います。これからも努力して行って下さい。

花とゆめ編集長・友田亮
惜しくも大賞受賞はありませんでしたが、入選が7作品と前年度以上に勢いのある回となりました。中でも優秀新人賞の『あいまいギャロップ』はキャラ作りや心情表現の巧みさなど総合力で一歩抜きん出ていました。優秀賞の『懲役 一年片思い』のボリューム感や『黄昏の紅は静かに笑う』の好感度の高さなど、それぞれ個性の光る作品ばかり。今後より精進され、各誌でご活躍されることを期待しています。

別冊花とゆめ編集長・阿部貴裕

揺れ動く恋心が可愛く描けていた千歳さん、テンションの高さに惹きつけられた睡さん、キャラクターの瑞々しさが魅力だった咲宮さん…と上位に入賞された方は、個性が光りつつも少女まんがのツボを押さえていました。佳作を受賞された方達も魅力を感じるポイントが個々にあり、次の作品が楽しみです。作家としてのスタート地点に立たれた皆さんの成長と活躍を目の当たりに出来る事を心待ちにしています!

LaLa編集長・種岡智子
色々な方向性が揃い、バラエティのある回だったと思います。全体的にもう少し前に出るものがあると読者へのアピールが強まったのでは。優秀新人賞の千歳さんは、少女まんがらしいドキドキ感を絵やちょっとしたネームでうまく表現していて、とても瑞々しい印象でした。新人賞の御二方も、しっとりした世界観、ノリの良さなど一歩特長があったことが受賞に結び付きました。他も次作を期待できる要素は十分ある作品でした。今後に期待です!

メロディ編集長・白岡真紀