審査員の先生方からの総評は、投稿してくださった方、そしてこれから投稿しようとしている方に役立つヒントが満載です。ぜひ、参考にしてステップアップを目指しましょう!!
河惣益巳
登場人物の核となる気持ちや、設定の説得力が薄くなっている作品が多かったです。その作品を立たせる為に何が必要かを意識して作れば、作品としての厚みが増すと思います。作画では、人物と背景のペンタッチの差や、トーンの使い方、小物の書き込み等、細かな部分にもこだわって描いて下さい。今後の活躍を期待しています。
なかじ有紀
大賞が誕生しなかったのは残念ですが…。とても丁寧に作品を練り上げていた方 達が多く、読みごたえを感じた回でした。『星空〜』はともかく絵が魅力的! 見せ場も感動的でした。『Summer〜』はキャラやセリフに色気有り!『はなまる〜』は個人的に一番好きでした。いちいち笑えます。皆さんの今後の作品を楽しみにしています。

仲村佳樹
今回の審査は、特に演出面に光るものがある作品が多く、楽しんで読む事ができました。中でも『Summer blue』は、画面の構図や効果、間など細部に至るまで熟考された演出が素晴らしく、まんがの原点を再確認させていただきました。また『はなまる牧場』は審査を忘れて笑ってしまいました。皆様の今後の活躍に期待しています。
成田美名子
絵も話もまとまっている作品はあるのですが、全体にエピソードが足りない印象 です。主人公だけで進んでしまうマンガも多い気がします。あと少しの工夫で「パターン」から抜けられそうな作品もあるのですが…。『はなまる牧場』は唐突な展開にツッコミつつ楽しく読めました。フツウにまとまらず、このまま突飛路線を爆進して下さい。

樋口 橘
悩みや閉塞感を抱える主人公が多く、全体的に無難にまとまっている印象を受けました。その中で『夢追い人』は視点を工夫し感情移入しやすく、『はなまる牧場』は読者を楽しませようという意欲が感じられ、エンタテイメントとして楽しめました。「私はこれは誰にも負けない!」と言った内なるマグマを作品にぶつけてみて下さい。
樋野まつり
選考は全体的に優等生的な感触でした。それゆえに権田原さんと九さんの作品が とても力強く印象に残っています。一位の暁さんや二位の淡藤色さんの作品は完成度が高くこちらが勉強させて頂く感じでした。この作者の次の作品を読んでみたいと思わせてくれる、底力や魅力を持つ方が皆さん賞を勝ち取ったので嬉しいです。

山田南平
『星空〜』や『Summer〜』のように画力の高い人が多かったです。絵を魅力的に 描ける人は多いと思いましたが、キャラ本体の魅力を出せている人は少なかったと思います。画力が作品に説得力を生むのと同様、キャラの魅力も読者を引き込む大切な要素です。その分『はなまる〜』は、キャラ本体のインパクトが強くて印象的でした。
 
★五十音順・敬称略 

■受賞作は、各誌にて順次掲載の予定です。
■また今回は、國安りょーたさんの「君と空の紡ぎうた」、今掛朱黄さんの「氷上のプリンス」が最終選考に残りました。是非、またチャレンジしてデビューを目指して下さい。
■なお、次回の白泉社アテナ新人大賞の応募要項は、2012年5〜6月発売の各誌で発表の予定です。

編集部より
今回初めてアテナ新人大賞の審査をしました。様々な作品に接する事ができ、大変楽しい仕事でした。その中でも、優秀新人賞を受賞した『星空パラドックス』は漫画として非常に楽しく読むことができ、クライマックスの演出は受賞作の中でも珠玉の出来だと思います。新人賞を受賞した『Summer Blue』『はなまる牧場』『夢追い人』の3作は、そのどれもが個性的な作品でした。佳作を受賞した九さん、七川花鈴さんも、これからの成長が大変楽しみです。

花とゆめ編集長・友田亮
第36回は惜しくも大賞受賞作はありませんでしたが、いずれの作品にもキラリと光るポイントがありました。中でも 優秀新人賞の『星空〜』は可愛い絵柄と見せ場作りの巧さが際立った作品です。ただ、他の入選作にも共通して言えることですが、キャラクター作りにおいて今一歩感もあり、今後たくさんの読者を獲得するためには多くの課題がある ように思いました。よりグレードUPした次回作を期待しています。

別冊花とゆめ編集長代理・阿部貴裕

今回はバラエティに富んだ作品が揃っていました。中でも「星空パラドックス」の画力の高さ、クライマックスの盛り上げ方は印象的でした。また「Summer blue」の雰囲気作りの上手さ、「はなまる牧場」のテンポの良さ、「夢追い人」の丁寧な心情表現と上位に入賞された作品は、それぞれ、その方の良い点が作品に反映されていたと思います。ご自分の武器を活かした、心に残る作品作りと皆さんの活躍を心から期待しています!

ララ編集長代理・種岡智子
絵も心情も丁寧な作品が多く、読みやすかったです。ただ、その分全体に大人しくまとまった印象も。その中で、暁さんはクライマックスの演出に工夫を感じましたし、新人賞の3作は画面の見せ方、キャラの楽しさ、心情の細やかさ、というそれぞれの持ち味が輝いていました。うまくまとめる事、丁寧に描く事は勿論大切ですが、自分なりに読者を楽しませようというサービス精神にもこだわってみて下さい。次作も楽しみです。

メロディ編集長・白岡真紀