ことだまころころ 師走ゆき(大阪府)
 「オレ、東京の大学へ行く」。ゆーりは、密かに恋心を抱いている幼なじみのよーたに、こう言われて落ち込む毎日。「遠くへ行っちゃヤダ」という本心を言えず、その言葉を飲み込むゆーり。すると突然、口から小さな玉が。「言玉」と呼ばれるその玉が割れた途端、何故かゆーりの本音を大声で喋り出した。別れの日が近づくにつれ、「言玉」は増えていって…。
 まず、可愛らしくもインパクトあるタイトル、そしてわかりやすく、かつ雰囲気あるイントロが秀逸。「言玉」というファンタジックなキーアイテムを 使っているにも関わらず、リズム感あるネーム構成や活き活きとした魅力的な表情が、無理なく作品世界へ誘ってくれました。また、主人公の心情表現もよく描かれて見事です。
要所要所にアイディア溢れるストーリーを支える高い少女まんが力を感じさせてくれました。画面作りも、見やすくメリハリあるコマ割、丁寧に描かれた背景等々、好感が持てました。若干、太めなペンタッチと華やかな絵柄への物足りなさが気になりましたが、これは描けば描くほど、間違いなくより良くなります。是非、沢山の素晴らしい作品を送りだして下さい!


トラの空模様  雨木りく(広島県)
 学校内で運営する青空動物園。その管理を任されている「生き物委員」に選ばれてしまった、一虎は、よりにもよって動物アレルギー。動物に触れない一虎に対し、委員長はいつも厳しくて…。
 プロ級に安定したデッサン力、緻密で丁寧な背景等、非常に高い画力が光る作品。構図にも工夫があるため、印象に残るシーンが多くありまし た。学校内に動物園がある、という設定も、より作品を楽しくさせるいいアイディアでした。表情にもっと幅が出ると、より良くなると思います。