樹なつみ
今回はかなりレベルの高い回だったと思います。もうこのまま雑誌に載ってても良いんじゃなかろうかという作品も、結構ありました。これで大賞が出なかったというのは、上手い中にもうひとつ突き抜ける何かが足りなかったんじゃないでしょうか。落選しちゃった方達も、私的にはそんなに悪くなかったと思いますので、これに懲りず再度頑張って頂きたいですね。
高屋奈月
全体的に、よくまとめ、読みやすい作品が多かったように感じました。ですがそれは逆に、“大人しすぎる”という印象につながっているかもしれません。まとまった中にも、独創的な、独特な自分の個性をもうひとつでも加え、うまく漫画の中で表せると、より読み手に印象を残せる作品に繋がるかもしれないな、と思いました。それでいくと「Baby I love you」が、個人的に心に残る作品でした。これからも頑張ってください。

津田雅美
今回はドキドキとか感動とかコレ好き!って思うところまで行く作品なかった…かな。毎回思うんですが、ワク線はみだしたまま、線はみでたまま、不規則に並んだ変形ゴマ、きっちり貼られてないトーン…の原稿を読むってつ…疲れるんだなあ…と、自分も改めて勉強してしまいました。基礎大事!!技術未熟でもこれならすぐに直せるし、スッキリ整理された原稿は、よりクリアにストーリーが伝えられるし、やって損ないと思いましたよ。
なかじ有紀
今回は全体的に高レベルで、審査していてとても楽しめました。画力は皆さんプロレベルで、ほぼ全員が及第点!そこから抜きんでる大変さを感じました。「Grayish…」は、顔がユルんでしまう程、可愛いお話で大好きです!作品全体に独特の優しい空気感があって、そしてときめけます!「Baby…」は一杯笑わせてくれました!ネームのセンスが良く味のある作品です。「人魚…」は少女の可憐さが引き立つドラマでした。皆さんの次回作を楽しみにしています。

日渡早紀
皆さん基本がしっかりしていて、シンプルにまとめることが上手だなと思いました。特に「Grayish Rainbow」「グラス×キッス」「Baby I love you」は、分かりやすさの中にも自分の持ち味を出せていたと思います。選からは漏れましたが「non mild」は少女まんがらしい元気な作品で好感が持てました。これにめげず頑張って欲しいです。クールで大人びた作品が増えていますが、今しか描けない熱い作品にもチャレンジして欲しいですね。
由貴香織里
どの作品も画力があって読みやすく、レベルが高かったです。「Garyish Rainbow」は爽やかな絵柄と感動的な内容で今回一番好感が持てました。「グラス×キッス」はメガネにメガネの組み合わせが面白かったです。選外ですが「怪盗弁天揚羽」もプロ級の画力に驚かされました。ひとつ気になったのは結末が唐突な作品が多いこと。ページが足りないのかも知れませんが、ネームの時から終わらせ方をイメージして描くと印象が違いますよ。
★五十音順・敬称略 

受賞作は、各誌にて順次掲載の予定です。また今回は、豊田悠人さんの「怪盗弁天揚羽」、桐嶋いろはさんの「こいでつくったおいしいけーき」、十目一八さんの「廻る季節の側で」、咲乃麻衣さんの「non mild」が最終選考に残りました。

編集部より
最終選考に残った各作品とも魅力はあるのですが、こじんまりとした印象が否めず、今回は新人大賞が選出されませんでした。全体的に受身なエピソードが多く、キャラの魅力でお話を引っ張っていく作品が少なかったのは大変残念です。読者が憧れ、夢を重ねるヒーロー・ヒロイン作りが基本で、過去のトラウマや苦悩は そういったキャラに人間的な深みをプラスする、あくまで二次的な魅力と意識して欲しいです。

花とゆめ編集長代理・高田英之
受賞された6作品はいずれも、絵柄などそれぞれの持ち味をよく活かして丁寧に描かれていました。特に優秀新人賞の沖田さんの作品は作者独特の可愛さ&暖かさが出ています。今回、大賞が出なかったのは、まとまっている反面、物語の設定を跳ね返すような強いキャラクター、インパクトのあるシーンやドラマ等、強烈な個性を感じる作品がなかったこと。ストーリー・キャラの肉付けにもう一粘りを期待します!!

別冊花とゆめ編集長代理・八巻健史

今回、画力・構成力等の水準は高かったように思いますが、既存の技術・表現力の枠内に留まった印象で、大賞の選出には至りませんでした。しかし、今の時代を一番感性の鋭敏な時期に過ごしているのは、受賞された皆さんであり、投稿者の皆さんです。
次作では、一瞬の空気を鮮やかに切り取り、色彩豊かな描写のなされることを、すなわち墨一色の原稿から温度、風、音、匂い、色等が溢れ出すことを期待しています。

LaLa編集長・柳沢仁
構成・話作りの上手い方は絵の魅力が、絵に魅力のある方は話作りに硬さが、と、なかなか「抜きん出た一作」を見つけるのが難しい中「Grayish…」「グラス×キッス」は構成・話作り共に作り手の次回作に期待させるものがありました。あと、落選作の中には話のテンポ・構成は上手いのに…という方が多く、絵は描けば描くほど上手くなりますので是非再チャレンジして頂きたい。読むのを楽しみにしております。

メロディ編集長・飯田孝