Grayish Rainbow 沖田智子(愛媛県)
 豪雪地帯の田舎町の分校に、東京から転校生がやって来た!金髪にピアスという出で立ちで現れた宮比に、ざわめく生徒達。委員長のさくらが「ストーブ前で話そう」と誘うと、宮比は「田舎くさ。」と一蹴。皆との間に溝が出来てしまう。大雪でバスが動かず教室に残る宮比に、さくらが思い切って話しかけると、彼は歓迎ムードに戸惑ってぶっきらぼうな態度を取ってしまったと告白。そんな時、空に珍しい『雪の虹』が表れ、はしゃぐさくら。だがその民話を茶化す彼に、さくらの警戒心は解れない。その翌日、宮比が黒髪に変身!さらに皆に謝り、周囲の評判は急上昇。さくらにもお礼の言葉を2人の距離が近づく中、さくらは彼の家庭の事情を知ってしまい…!?
 優しさや温かさが作品全体から伝わり、ストレートに感動できる作品でした!絵柄もその世界にピッタリとはまっています。雪合戦や停電などのシチュエーション、シーンの雰囲気作りや、せりふ回しもうまい!2人の微妙な気持ちの変化も上手に表現しており、多くの人に受け入れられる要素を持った作品になっています。 画面は丁寧な仕上がりですが、お話の鍵である田舎の風景などの背景の描き込みや、洋服のトーン処理は、もっと頑張って欲しかったところ。やや画面が寂しく見えてしまうのは今後の課題点。絵柄に加えて、エピソードにも人物が動く大きなものを選んだり、華のある画面作りを意識すると、更なる魅力向上につながるはずです!