河惣益巳
全体を通して、一番気になったのは描き手の年齢のわりにテーマの選び方が若干幼いこと。シンプルな学園・日常モノが多く、もっと冒険したテーマをもって描いてほしい。あと、トーン処理に頼りすぎて、人物の描き方が平面的な作品が多いのも気になるところ。そんな中、「潔癖少年 完全装備」のストーリーの発想や効果的なラスト、また「キュートなマシンガン」のモノローグに合わせての主人公の表情の変化等が印象に残りました。
美内すずえ
「潔癖少年 完全装備」は、その設定や服で受け止めるエピソード、その後に続くセリフ等、上手かったです。「雪のコトダマ」も、少女のひたむきさがよく伝わってきましたが、もう少し盛り上がりがあると良かったです。他の作品全体を通して感じたことは、キャラクターの性格に頼り過ぎて、ストーリー性の希薄な作品が多いこと。また、まとめ方の下手な作品も目立ちました。“物語を描く”という基本的な姿勢を見直してほしいと思います。

清水玲子
とても面白かったです。さすがアテナ大賞。特に「シビア王国〜」「潔癖少年〜」「僕らは〜」はすでにプロレベル。3人とも読者を楽しませようというサービス精神、エンターテインメント性、独自性に溢れていて、しかもそれが成功しています。特に綾菜さんは絵柄、センスがドラマティックな大作もかけそうな人なので、そういった意味でも楽しみです。今回受賞された方々は皆さんまだ若いので、これからさらに伸びるはず。期待しています。
山田南平
全体的に「え、ここで終わり?」というお話作りの人が多かったように思えます。そんな中、「僕らは ずっと」は兄と妹のキャラクターが上手く表現できていたので、楽しく読めました。特に必要以上に無口でクールな兄のキャラクターは秀逸。ただ、それだけに物語が一番いいところで終わったのが非常にもったいない。「潔癖少年〜」はラストシーンがさりげなさすぎなのが残念ながらも、少女まんが的に印象的なシーンがとても魅力的でした。

成田美名子
今回は全体的に小粒で、日常的なお話が多かったです。ちょっと物足りない気も…。中で印象に残ったのは「シビア王国へようこそ!」と「ゆざめ処方箋」、総合的に見ると上位に来る「潔癖少年 完全装備」。でも「ゆざめ処方箋」以外は、今回だから残ったのかもしれません。「ゆざめ処方箋」は好き嫌いは別として異様な迫力アリ、次作の想像がつかないのでぜひまた描いて下さい。
羅川真里茂
全体的に面白かったです。大賞の「潔癖少年〜」はダントツで良かったです。綺麗な絵で、見せ場のシーンでは思わず見とれてしまいました。ストーリーも潔癖症という設定をあますところなく出していて面白かったです。他の作品もそれぞれの個性があって楽しく読めました。私的には、新人賞と佳作の間には、そんなに差がないように感じました。あと、選外の「ゆざめ処方箋」も推していたのですが、残念。次回作に期待しています。

ひかわきょうこ
身近な題材を扱ったものが多かったですね。この中でうまいっと思ったのが大賞となった「潔癖少年 完全装備」。絵も綺麗で、なるほどと思わせるエピソードの作り方が良く面白く読めました。「僕らは ずっと」は構図の取り方がうまく、話も単調ではありますが表現力を感じました。「シビア王国へようこそ!」は話の設定が面白くキャラ表現も良かったのですが、人物の描き分けが出来ていないのが惜しいです。皆さん頑張って下さい。
編集部より
文句なし、正真正銘の新人大賞が出ました! トビナ氏の「潔癖少年 完全装備」は、潔癖症の主人公を好感の持てるユニークなキャラに描いている点が、上手い。ストーリーも伏線の配置が巧みで、面白く読ませるテクニックが見事。この物語の中でいい感じに変わっていく主人公が魅力的で、ハッピーエンドで迎える恋の余韻がグッド!! 投稿者の皆さんは、ぜひ一読して、今後の参考にして下さい。

花とゆめ編集長・菅原弘文

編集部より
「潔癖少年 完全装備」は、小ネタも上手く、「お話を楽しく読んでもらおう」という作者の意気込みが伝わってきて面白く読めました。大賞にふさわしい出来映えだったと思います。今回に限らず、最終的に賞の優劣を決めるのは、話に破綻がない等の減点の少なさではなく、斬新なアイデアがある等の加点の多さになります。選にもれた方は、その点、もう一度見直してみて下さい。

ララ編集長・柳沢仁
編集部より
30回を迎えたアテナ新人大賞。賞金も大幅アップで募集をスタートしましたが、見事に大賞を受賞された「潔癖少年 完全装備」のトビナトウヤさん、おめでとうございます! 面白かったです!! 他の受賞作品もバラエティに富んでいて、これからの活躍に期待しています。今回残念な結果だった方、応募できなかった方も絶対にあきらめないで再挑戦して下さい。挑戦の数がチャンスの数ですよ!

メロディ編集長・高木靖文

★五十音順・敬称略